読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝不足ジラフ

音楽、映画、本、旅、インテリア、ファッションとか

茗荷谷「タンタ ローバ (Tanta Roba)」四季の食材を使ったカジュアルなイタリアン

http://instagram.com/p/syHswDpg9v/

茗荷谷 タンタ ローバ

久しぶりに、茗荷谷タンタ ローバ」へ行ってきた。播磨坂にあるイタリアン。春は播磨坂が桜満開になるので、来年の春はテラス席で食べたい。

 

3、4ヶ月ぶりだけど、ちゃんと覚えていてくれる接客もうれしい。このお店は料理のおいしさもさることながら、接客力が高い。料理(=商品力)のレベルが高いことは前提として、やっぱり営業力重要だなと。

メニューには載っていない、今日ある旬な食材を使った料理も教えてくれる。今日は前菜に鰯のパン粉焼き 、北海道の生ウニを使ったパスタ、メインは手長エビと野菜のグリルを注文。前菜とパスタはメニューには載ってない、旬メニュー。 

まずは、イタリアビールのモレッティで乾杯。温前菜なのでちょっと時間がかかる。お客さんが少ないと、ビールや白ワインは最初のサーブ後、逐一冷蔵後で冷やしておいてくれるので冷たいまま楽しめる。飲み進めるとまたサーブしにきてくれる感じ。

前菜きた。鰯うまい。

 

http://instagram.com/p/syI39vJg_V/

茗荷谷 タンタ ローバ

そして今日のヒットはこれ。北海道生ウニのパスタ。クリームはちょっと入っているけど、甘すぎない、オイルベースのパスタ。これはうまい!

http://instagram.com/p/syHzPUpg93/

茗荷谷 タンタ ローバ

メインは手長エビ。主役のエビもそうなんだけど、付け合わせの野菜もおいしい。特に今日はトウモロコシが大ヒット。とにかく甘い。果物みたいな甘さ。旬な食材とそれを生かす料理とはこのこと(写真では伝わりにくいけど・・)。

http://instagram.com/p/syHbBmJg9W/

茗荷谷 タンタ ローバ

食後はデザートを進められたものの、気分でないので断ったら、食後酒をサービスで出してくれた。グラッパ、というブランデー。アルコール度数40度くらい。飲むと胃がカーッと熱くなります。これが消化を助ける働きをするから、食後酒としてイタリアではよく飲まれるそうな。

http://instagram.com/p/syHlTdJg9j/

茗荷谷 タンタ ローバ

白ワインをボトルで頼んで、2人で1万4000円くらい。それなりにするけど、料理・接客ともにいつも満足できるお店です。また近々行きたい。