読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寝不足ジラフ

音楽、映画、本、旅、インテリア、ファッションとか

「やりたいことができないなんていうのは、やる気がない」という耳に痛すぎる話。少年老い易く学成り難し。

プロフェッショナルとアマチュアの差がなくなった

 

いや、もうほんとその通り。その通りなんだよ。わかってるよ。

 

これだけ環境が揃っているのだから、みんなやりたいことをやればいい。やりたいことで成功するハードルは、ものすごく低くなっている。今の時代「やりたいことができない」なんていうのは、やる気がないと言っているようなものかもしれません。

 

 

ここでは映画の話が例に出ているけど、音楽だって同じ。DAWや音源や機材もプロレベルのものはそりゃ高いし、高価で上質なものを追い求めればきりがないけど、アマチュアが使えるツールでも十分商用になりうるくらい、安価で使いやすくなってきてる(んだろう)。「やりたいことができないなんていうのは、やる気がない」ってのは、ずーんとくるね。ずーんと。

 

ただここから派生する話として、ひとつは、テクノロジーの進歩でやりたいことに着手することは容易になったけど、その分競争は激しくなった(だろう)。音楽で言えばニコ動とかyoutubeで、それこそS級妖怪みたいな(古いが)奴がごろごろいるわけで。裾野が広がった分戦う相手もたくさんいるってこと。

 

二つ目は、そもそも「やりたいこと」なんてないんですという病。俺の周りにも結構いる。「え?やりたいこと?あるよ、でもまあ、趣味かなあ。それで食べてくとか、そういうんじゃないんだよ。そう考えると本当にやりたいことってなんだろうなあ」みたいなの。あるある。

 

どっちにも共通するのは、とにかく「動けよ」ってことだな。これ。敵が多けりゃ勝てるように考えて仕掛けていくしかないし、やりたいこと思いつかないのは、それこそ動いてないからってことだろうし。やってみなけりゃわからないからまずやろう。