寝不足ジラフ

音楽、映画、本、旅、インテリア、ファッションとか

数十年前にタイムスリップできる国キューバへ。ハバナ市街観光(革命広場)編 #キューバ旅行記2016

https://www.instagram.com/p/BMVvWIOBMG-/

ハバナ セントラル公園前

 

キューバ旅行記その2は、ハバナの市街観光編。前回のハバナ到着編はこちらからどうぞ。

 

native.hatenablog.com

 

 二日目はホテルのビュッフェで朝食。ホテル屋上テラスにあるので、市街が見渡せて気持ち良し。朝から気温がぐんぐん上がり始めて暑い。

この日はハバナバスツアーに乗って、市街地の観光スポットを巡ることにした。30分おきに発車する市街地の循環バスがホテル前のセントラル公園を始発にしており便利。

https://www.instagram.com/p/BMVhC2HBzZA/

ハバナ観光バス 路線図

ガイドブックには一日フリーパスで乗降車自由のチケットが5cucとあるが、実際には10cucとだいぶ値上げをされてる。外人はやることが大胆だ。ただ10cucでも普通のタクシーを乗り継いだり、クラシックカーのタクシーをチャーターするよりは大幅に安いので、バスツアーを選択。

https://www.instagram.com/p/BMVhZPChp51/

ハバナ観光バス

この観光バスは二階建て仕様。当然観光客は二階に集中するため、結構混んでいる。バスが止まっている間は暑さで汗が出てくるけど、走り出すと風がとても気持ち良い。

https://www.instagram.com/p/BMVhkAahO4P/

ハバナ観光バス 二階席

 クラシックカーが多いためか、道路の排気ガスがすごくて、二階席だとガソリンの匂いが鼻につく。

ちなみに、動画でお伝えするとこんな感じだ。運転手はたぶんいらちかスピード狂だろう。結構アクセルを踏む奴だ。音を聞いてもらえればわかるが、海沿いの道などは風も相当強いので、目がカピカピになる。こんなにウェットな気候の国に目が乾燥するとは。

ハバナバスツアー

 

さらに運悪く前に座っていたのは、初期のアブリルラヴィーンのようなパンクロックなガール(動画にBGMをつけてくれと言われたら、間違いなくスケーターボーイだろう)で、これでもかというくらい、風になびく髪で後ろの座席の俺を打ち付けてくる。日本人なら少しは気にかけそうなものだが、さすがパンク。気にもしない。とてもコンプリケイテッドだ。

そんなこんなで、前評判通りのレトロでタイムスリップしたような街並みとクラシックカーたちを見ながら、早々にキューバ観光の顔にもなっている革命広場へ到着!

ちなみに、バスツアーの乗車パスは降りる前にちゃんと乗務員に言ってもらうべし。乗車時には「降りるとき渡すから!」とまくしたてたのに、こっちから「チケットは?」と言わないと渡そうともしない。もらい損ねると、もう一回買う羽目になる。

 

https://www.instagram.com/p/BMVh3xZBXCY/

ハバナ 革命広場

いやー、これだよ。これ。

革命広場というただっぴろい広場の周りに、日本でいう霞ヶ関の省庁的な建物があり、そこにチェ・ゲバラやらカミーロやらキューバの英雄たちの壁面アートがある。

https://www.instagram.com/p/BMV62Kkh3Aw/

ハバナ 革命広場

観光客は写真撮りまくりスポットだ。

俺も自分のカメラロールが気持ち悪くなるくらい撮った。おっさんの大量自撮りほどキモいものもない。ほとんどコピーのような写真だが、その時の本人的には角度や表情など色々気になったらしい。

https://www.instagram.com/p/BMV8GjUBY-j/

カメラロール

革命広場には、こうした偉人の壁面アート的なものに加えてもう一つ、見どころがある。星形の塔だ。旧共産党本部だった建物らしい。

https://www.instagram.com/p/BMV9GO7hMNc/

ハバナ革命広場 旧共産党本部

 なかなかの高さで、中にも入れるとガイドブックにはあったが、よくわからない理由で今は閉館中とのこと。残念。

その後は再びバスに乗り、街並みを楽しみつつ、市街地を一周してホテルに戻る。

https://www.instagram.com/p/BMVhttHBSRx/

ハバナの街並み

続きはまた。